F葉酸の取り過ぎはキケン?理想の摂取量は?

よくこんなことを耳にします。「○○の取りすぎは、かえって危険」。

 

種類にもよるのですが、よく言われるのはビタミンAの取りすぎは危険であること。
それは、ビタミンAは脂溶性のビタミンであるため。

サプリそして、今回ご紹介するのは、葉酸の取りすぎは危険なのかどうなのかです。

妊娠を控えた方や妊娠中の方は、絶対に知っておいた方がいいのでご紹介したいと思います。

 

取りすぎとはいったいどの程度のことをいうのか、検証していきます。

サプリ

 

◎そもそも葉酸ってなに?必要なの?

 

葉酸

葉酸はすべての人に必要なものです。葉酸はビタミンB群の仲間で、その効果は我々が成長を続ける上では欠かせません。
細胞膜を強く頑丈にするのが主な役目で、
さらに女性ホルモンの正常化も期待されています。さらに、お腹の中の赤ちゃんの栄養にもなります。

 

多くの女性から一番信頼されている栄養素です。

 

◎厚生労働省の定めでは400?

 

葉酸について、厚生労働省が定める摂取量は、普段は200=A妊娠前や妊娠中は400≠ナす。
これは、お腹の中の赤ちゃんの栄養素もまた、葉酸であることが理由に挙げられるのだと思います。
活躍分野がとても深いのです。そのため、妊娠前や妊娠中はいつもより多く取らなくてはいけません。

妊婦

 

◎取りすぎレベルは1300?

 

では、取りすぎとはどの程度を言うのかというと、1000=`1300≠です。

 

通常の食事でこれだけ摂取しようと思ったら不可能に近いでしょう。なぜなら、即刻お腹いっぱいになるからです。

 

それから、葉酸は水溶性ビタミンなので、必要以上に体内に蓄積されずに排出されてしまいますので、あまり気にしなくてもいいのです。

 

サプリメントで摂取するなら、容量が記載されているものがほとんどでしょうから、簡単に制限できますね。

サプリ

 

◎でも、もし取りすぎてしまったら?

 

悩む

万が一取りすぎてしまうと、国立健康・栄養研究所によれば、
自身が発熱や蕁麻疹を起こしたり、生まれた子供が喘息になったりするリスクが報告されています。

 

しかし、「万が一」です。

 

それよりかは、よほど取れていないかを意識した方がいいですよ。